不動産担保ローンについての疑問

不動産担保ローンは不動産を担保にすることで、無担保のローンよりも融資を受けられやすいというメリットがありますが、不動産担保ローンの担保について、疑問をお持ちの方も多くいると思います。

よくある担保についての疑問をチェックしてみましょう。

まず、自分が担保にしたいと考えている不動産の住宅ローンが残っている場合、この不動産が担保にできるかと言えば、この不動産について第一抵当権を設定しているのは住宅ローンの金融機関になります。

しかし、借主の信用や不動産の価値によっては不動産担保ローンの融資を認める金融会社もある様です。

また、自分の不動産ではなく親の不動産だった場合に担保にできるかという疑問も多くある様です。

担保にする不動産は親の名義、時には共同経営者の名義であっても、その所有者本人の同意があれば不動産担保ローンを組める可能性があります。

その他、以下の場合は事前に確認すること、しかも一つの金融会社で不可だったとしても、複数社に問い合わせしてみましょう。

所有している不動産に抵当権が付いている場合、この場合は不動産の評価や信用に関係してきます。

幾つかの金融会社に当たってみると良いでしょう。

また、担保にしたい不動産の地域と、利用したいと考えている金融会社が遠く離れている場合、金融会社によっては日本全国の不動産を対象にして融資をしている会社もありますので確認しましょう。

不動産を他人に貸している場合、土地が借地などの場合も融資が完全にできないというわけではないので、まずは問い合わせしてみましょう。

気になるサイト⇒不動産担保ローンと住宅ローンの差 – 賃貸・アパート – 教えて!goo