不動産担保ローンを必要とする人

不動産担保ローンとは、所有している不動産を担保にして融資を受けることから、通常の無担保ローンに比べて、比較的低金利で融資を受けることができます。

不動産の価値によっては高額の融資を受けられるので、複数のローンをまとめるまとめローンにも利用されることが多い様です。

担保とは何かと言えば、融資を受け返済計画に基づき返済していくべき金銭債務が履行されない場合、債権者がその債務の代償として提供された担保を換価し、債務の弁済にあてる権利もしくは目的物のことをいいます。

不動産担保ローンの場合は、不動産を担保としますから、返済がされなくなったら不動産を競売にかけて換金して返済に充てるということになります。

不動産担保ローンの特徴としては不動産を担保にするので、年収がない、年齢的に厳しい、実績が浅いなどで銀行の融資が受けられなかった人でも融資を受けられるということです。

また、他のローンに比べて審査が早いとも言われており、急な資金繰りにも適しています。

不動産担保ローンはどんな場合に利用されるかと言えば、個人の場合は先ほどにも述べました様に複数のローンの一本化、至急まとまった資金の調達等の際に適しています。

個人事業主の方は銀行の融資を受けるまでのつなぎ資金として、他のローンの審査に通らなかった方にお勧めです。

そして不動産事業者の方には不動産、競売物件を購入する資金、住宅建設から売却までのつなぎ資金などが必要な場合にお勧めです。

◆関連サイト…不動産担保ローンこだわり情報サイト